ConoHaのAPIに触れてみた

ConoHaのAPIに触れたいな。とふと思いPHPで触ったのでそれのメモ。。

まず最初にAPIを使用するためのトークンを取得する必要があるとのことで、トークン発行[公式DOC]を見て下記のコードを作成。

ユーザ名、パスワード、テナントIDはConoHaのコントロールパネルで確認して変数にした。

トークン取得

今回は取り敢えずとして請求データ一覧取得[公式DOC]を実装しようと思う。

トークンとテナントIDを使用して取得した。

支払い情報一覧取得

上記のコードで取得できるデータは直近3回分の支払い情報なのでjson_decodeで配列に直し、最新のデータから支払い金額だけを取得して表示するようにした。
最新の支払い金額取得